Mom_blog & :)  (跡地)

ブログは引っ越しました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
東京駅八重洲北口のキッチンストリート
うかうかしてるうちに昨日オープンらしい。

卵がダメな私にも、早朝から開いているベーグルカフェがあるらしいので、ちょっとのぞいてみようかな。ラーメン屋も旨いらしいが、卵つなぎだろうから、しばらくNGだな。ち。
14:31 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)
100人に1人が生活保護を受ける時代に
経済的に老後が不安だから子供はあきらめようなんてあなた!無計画に産んだって年金払わなくたって生活保護を受ければ大丈夫!

っていう事になると大変に嫌な世の中だが。
本当に支給されるべき人にとばっちりがいくんじゃないか、この急激な増加は。

ギズモが生きて行く手段を確保させるには、どうしたらいいんだろうか。とにかく最近、色々考える。

以下NHKニュースより。
厚生労働省のまとめによりますと、生活保護を受ける世帯は平成5年から毎年増え続け、昨年度は1か月あたりの平均で94万1270世帯と前の年度を7万世帯あまり上回り、これまででもっとも多くなりました。生活保護を受けた人の数は合わせて134万人あまりと、国民の約100人に1人に上っています。生活保護を受けた世帯のうち、高齢者の世帯が46.3%と半数近くを占め、ついで障害者の世帯が35.8%、母子世帯が8.7%などとなっています。保護を受けることになった理由について調べたところ、もっとも多かったのは「けがや病気によるもの」で38.6%、ついで「仕事の収入が減ったり、なくなったりしたため」が20.4%で、このうち失業による収入の減少が3分の1近くを占めていました。
22:30 | 記事拾い | comments(3) | trackbacks(0)
小売業の不調を微妙な気持ちで思う
猛暑、消費も夏バテ 8月の小売店売上高前年割れ

昨年は冷夏で消費不振だったよなぁ。

全部門合計の要因を天気で説明するのは無理があるんじゃないかと、毎年思う。

まあ、ここから分かるのは「チェーンストア協会に加入している小売業は、冷夏でも猛暑でも不振ですよ」ということだ。他に元気なところはちゃんとあるわけで。
22:43 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)
地価、下げ止まり
ローン金利が底を打ってからちょうど1年。すでに2.0%から2.8%の上昇となっている。どれぐらい違うかというと、35年ローンで5000万円の物件を買ったとして、総返済額が2.0%だと6956万円、2.8%だと7849万円。1年違っただけでこのぐらい違う。

基準地価13年連続下落、都心8区は上昇

というわけで、1年で支払額が12.8%も変わる(利息起因のみ)となると、地価より利息の影響がでかくなる。ていうか現金買いした場合、ローン手数料(10万弱ボラレ)なんかも払わないで済む。2.8%ローン組むと57.0%も余計に払うわけなのだ。現金買い、強い。

というわけで、地価の上がり下がりを見て一喜一憂する暇があったら、さっさと繰り上げ返済をするのだ。価値なんか地震が来て暴落するかもしんないし。
21:03 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)
野球選手ストライキをケーススタディにしてみる。
そんなことを考えてみた。Corporate Governanceのビジネスケースとして、日本のプロ野球を取り上げてみる。

時は2004年9月9日。
あなたはプロ野球パリーグ某チーム(合併対象でない)に出資する株式会社のオーナー。
ご存知のすったもんだの上、週末は歴史上初めてとなるストライキを迎えている。

ここで問題。
1.この問題のステークホルダーは誰か?
2.2チームの合併はあなたにプラスか?
3.(ストライキに対し、今)あなたは経営者としてどうすべきか?

------------------------

さて、ティーチングノートを書いてみよう。

1.
経営陣
株主
被雇用者(自社社員、野球チームスタッフ、選手)

------------------------

ギズモが泣いてるので中断。

------------------------

とか言ってる間にスト回避。
19:00 | 記事拾い | comments(6) | trackbacks(1)
出産率が低下の一因は、育児への協力を期待できる血縁が近くにいないこと?
なんかリーズナブルな仮説が出てるな、と思ったらイギリスのデータでした。

でもこれ、日本でもかなり同じような傾向があるのではないでしょうか。産後職場復帰されている方って、親の応援を受けている方がほとんどな気がします。保育園でもお迎えに来ているおばあちゃんをよく見かけるし。
23:35 | 記事拾い | comments(3) | trackbacks(0)
新卒の就職活動開始は9月らしい。
ということらしい。

私の頃(1996年卒業)、新卒の就職開始は早くて年末だった。
ハガキで資料請求したなぁ。
マスコミと外資からスタートして、
8月〜9月の国家公務員で締めくくられる、が自分の周りの様子だった。

あの頃は超氷河期だったっけなぁ…といっても
あれから氷河期じゃなくなったって話も聞かないけど。

大学1年頃は、サークルのOBの一声で内定が出ていたようだった。
3年たって女子には請求しても資料も来ないなんて
話も出る程の豹変振りに
「ベビーブームでやたら大学入試もキツかったし、損だなぁ」
と思っていた頃。
今は昔。

そしてあの頃は、安定志向の友人がやたら都銀へ入っていった。
今は昔。
21:58 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)
日本政府の新しい子育て支援案
文部科学省が、若い世代に親しみやすい携帯電話メールを通じた子育て相談や情報提供を計画していることが23日、明らかになった。(24日産経新聞朝刊)


話は変わるが、土曜日の麻布十番には、MBA関係の会合があって行ってきた。そこで会った某IT企業の女性社長さんから面白い話を伺った。

「アメリカにいた時、保育園のお迎えというのは職場で最優先される都合とされていました。動かせませんからね。だから、『その時間は保育園のお迎えがあるんです』というと、『それは大変申し訳ありません。すぐに時間を変更します』と、会議の時間を変更してくれたりしましたよ」

という感じで「なるほど子育てのしやすさという面では、日本では道のり長そうだな」としみじみ。これは政府が対策打って短期的に直る性質でもなさそうだし、かといって直る方向にも向かっていなくて、仕事しつつ子育てしやすい環境作りってのは難しいなと思いましたですよ。

でも携帯サイトなんか需要あれば民間がいっくらでも作ってくれると思うんだけどね。そんなわけで、何でまた、と引っかかった記事拾いでした。
22:13 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)
miracle babiesに疑いかかる
5年で13人産んだというお母さんが、科学的に有り得ないと指摘されています

これが双子とかではないらしく、

she started feeling movements of a baby in her womb and gave birth to Daniel Wesonga on June 22, 1999.

The following year, she gave birth to three children with the first one being on May 26, September 2 and 23 December.

"I was shocked because after giving birth to John Okoth (second born), I felt some movements in my tummy two weeks later," she added.


7月に1人目、翌年の5月、9月、12月と立て続けに産んだとか。
「産んだ後胎動がすんだもんびびっちゃったわよ」ということだがそりゃびびるわな。

それに対し、

"There is no truth in the report as it is contrary to proven scientific laws," said Dr Rahman Khan, the association's chairman.


あるわけがなかろう、と医者はDNA鑑定を提案している模様。しかし、ほんとに5,9,12月と産むことになったら身体がもたないよなぁ。その上、「本当におまえの子か。鑑定しろ」なんて大きなお世話という感じ。

それで最後の子が2ヶ月というこのお母さん、

A 56 year-old woman,


うーん、まぁ本当に大きなお世話なんですが。確かに、どこまでが本当か分からない話でした。
21:32 | 記事拾い | comments(4) | trackbacks(3)
ジェンダーフリーって
ジェンダーフリーって、最近使われ始めて、流行ってるなぁ、バリヤーフリーと一緒ぐらいに出来た言葉?みたいな印象だったな。職場でジェンダーフリーなんて言わないので、まぁ大体教育の現場の言葉かなと。

13日付け産経朝刊1面。
東京都が「ジェンダーフリー」という用語を禁止。男女混合名簿を禁止
ジェンダーフリーを推進する団体は、ひな祭りや端午の節句が男女差別につながると主張。


なんかどっちもすごいなぁ。ジェンダーフリーも、ひな祭りも、良い面がさっぴかれて攻撃対象になっちゃって。突き詰めればお互いに相容れない発想だけど、共存してていいじゃないの、と思うのだが。

学校って、一つの標準ラインを作らなければいけないのかな。標準ゾーンじゃいかんの?どっちの考え方もありですよ、お互いに理解しましょうという教育。単に、名簿の作り方とかに固執してるだけだったら笑っちゃうけど。

そんな狭い了見で、全てのお家の子を預かるのか。「お互いの価値観を認め合ってこそ仲良くしましょう」って教育はしないのか。

話とぶけど、そのスタンスだと国際化も難しくないか。観光都市ってのは、国民性もバリューのひとつだし。あ、なんか完全に飛躍したな。ま、だから、何も排除までしなくてもと思った。

--------------------
8/14追記)

今朝の産経朝刊見てたら、「ジェンダーフリーは運動家らによる造語で、英語の辞書にもない」ということだった。うーん、そういう生まれがの言葉だと、難しいのかなぁ。でも別に男女混合名簿だっていいような気がするんだけど…要は単なる五十音順でしょ?ビジネススクールはそれで成立してたし個人的には違和感ないがなぁ。

英語ではgender equalityが正解みたい。
22:49 | 記事拾い | comments(0) | trackbacks(0)

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--