Mom_blog & :)  (跡地)

ブログは引っ越しました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
断乳初夜明けて
再び午前半3時半に目覚めたギズモは
またも大泣き。
抱っこして揺らすが、寝ようとしない。
歌ってもダメ。

コップの暖めた牛乳を拒否。

今度は哺乳瓶に入れて渡す。

うけつけた。しかし飲んでは悲しい泣き、
飲んでは悲しい泣きをする。

150ccを飲み干してしまい
作り直しかなと思ったところ、
空になった哺乳瓶を音を立てて吸い続けながら
寝息を立て始めた。

朝7時、いつものようにギズモ起床。
ひんぱんにグズったり、私から離れて遊ぼうとしないものの
一応ご機嫌。

でもだっこ魔なので、とりあえず片手でずっと抱っこしながらパンを焼く。

昨日から私が着ているタートルネックの首を引っ張って覗こうとするギズモ。果物とパンとヨーグルトを与えると、ご機嫌で食べる。

ヨーグルトを食べながら、目を閉じ始めたギズモ。
ゆっくりと寝てしまった。昼間は安心するのか、すやすやと寝るんだよなぁ。
なんで昼と夜はあんなに赤ん坊を変身させるのか。
11:07 | ギズモの記録。 | comments(2) | trackbacks(2)
断乳、勢い開始。
こんなはずではなかったのだが…

断乳開始を書いた火曜日の新入社員歓迎ランチで、注文したインドカレーの中からゆで卵の白身が。

なんでカレーの、中から出てくるんだーと昼と夜に搾乳して、授乳。

今朝からギズモの耳と頬が赤い。
おまけに、今日弁当屋で頼んだ味噌汁の底に、溶き卵らしきものが。

なんで味噌汁に卵が…

これ以上卵白アレルギーのギズモに負荷はかけられない。

アカホンでおしゃぶりを2つ購入して、夜を迎えた。

オモチャとしておしゃぶりをエンジョイするギズモ。
しかし口に咥えるより振り回したり、投げたり。
眠たそうに哺乳瓶で100ccぐらい飲んだものの、眠らない。

そして、号泣。
抱っこしてゆらすものの、号泣。声をあげる。心底悲しそうに訴え泣きをするギズモ。

号泣疲れで、静かになる。しばらくしてまた号泣。
抱っこを拒否する。両手で拒否。
下におろすと、また大声を張り上げて、泣く。

ごめん、と思う気持ちと、
でももう、なくてもいいだろう、という気持ちと、
もう少しあげたかった、という気持ちと、
トラウマになるんじゃないか、という不安と、
罪悪感と、
でももうここまで泣かせたのなら、断乳としては引き返せない(繰り返したら余計辛いだろう、お互いに)という気持ちと、

そしてまた大声を張り上げて、母を拒絶するギズモ。

1時間が過ぎて、
抱っこしながら「大きな古時計」をソプラノで歌ったら、
泣くのをやめて静かになった。

ゆっくり布団におろしたら、
今までみたことがない程、まぶたを赤く腫らせたギズモの寝顔。

なんだか、持っていき方を間違えてしまった気がしてならない。

ギズモ、断乳。1歳1ヶ月、15日。
00:52 | ギズモの記録。 | comments(0) | trackbacks(1)
断乳準備、開始。
ギズモも年明けで1歳2ヶ月。

保育園では離乳食の完了を1歳ちょうどでやってしまい
もう哺乳瓶も卒業している。

断乳をするとしたら、年末年始がいいタイミングになるだろう。
大泣きで寝不足になっても、なんとかやっていけるし。

というわけで、授乳頻度を今より少なめにしたり
こちらも準備、開始。
08:53 | ギズモの記録。 | comments(4) | trackbacks(0)
ギズモ、カバン好き
まあ目新しいものは全般的に好きなわけだが。

おでかけ

楽しげにカバンとたわむれる。

ファスナーを開ければ顔を突っ込む。

ちなみに、熱は下がった。
鼻水は出ているが。本人はご機嫌爆発。
15:45 | ギズモの記録。 | comments(0) | trackbacks(0)
ギズモ、熱下がらず
保育園のサンタ。

へんなほっぺのサンタ。
(ほっぺが変。)

そのサンタにも火曜日に突然の熱上昇以来会えてない。

火曜日は私が早退、
水曜日は妻母が看病、
今日はダンナが会社を休んで看病。

昨晩は私が看病。また39.5度にぶり返したので、午前3時に坐薬。昼寝したせいか元気に遊びまわっていた。おかげで今眠い〜。

しかし39度と36度を3往復している(昼寝の後、よく上がっている)。変な病気じゃないといいんだけど。
08:26 | ギズモの記録。 | comments(3) | trackbacks(0)
ギズモ、ぶぅ。
おそらく今までで一番ぶぅ。

ぶ

で、そのぶぅが熱を出した。
14時すぎ「39℃の熱が出た」と保育園から職場に電話あり、謝りまくって仕事を早退。
小児科で測ると37.7℃でまぁ機嫌も良く、まぁ一安心。家でも多少「だっこしてくれ」が多いものの、ほっとけば風呂場に遊びに行ってシャワーをひねるぐらいの元気はある様子。

熱を出したことで思い当たることは一つ…昨晩気がついたら、寝相悪くて全部はだけちゃっ転がってたんだな。今の温度だと、スリーパー着せると汗だくで起きて泣くし。うーん、今夜から腹巻するか?
20:47 | ギズモの記録。 | comments(0) | trackbacks(0)
ギズモ、1歳と1ヶ月。
今後の目標:月誕生日を忘れない。



保育園日誌)
ギズモちゃんは、手をぐーぱーしながら、保育士を呼びます。
「ギズモちゃんがおいでよ〜」と言うと、怒るかすねます。
しばらくすると、ギズモちゃんから抱きついてきます」


…この甘えん坊め。
09:17 | ギズモの記録。 | comments(0) | trackbacks(0)
よーし食べるぞー
あーん

食べるな。

この手の好物…紙全般。薬ビン。ゴム(時々痛い思いをしても)。
08:22 | ギズモの記録。 | comments(2) | trackbacks(0)
ギズモ、流血。
にぶい落下音で振り向くとタイトル通りの事故が起こっていた。

泣いているギズモ。しょうがないなと抱き上げようとすると、口元と手とスタイにまとまった流血。こちらの血が顔から引くのを感じながら、時計を確認すると小児科がまだやっている時間。鍵と財布を握りツッカケで走った。

受付に行き消毒綿をもらい、血をふきとっていくと、手から出血の様子はなく、傷は口の中のようだった。ほどなくして診察を受けると、前歯に当たる口の裏側を切っていて、黒い血の塊が乗っかっている状態に。

前歯に別状はなく、本人も診察の頃にはケロリとして、財布を口に入れて遊ぼうとしていた。丁度中耳炎の治療で飲んでいる抗生物質を「傷から菌が入らないように」飲み続けなさい、ということで、薬もなし。

歩き始めのヨチヨチで、楽しそうにハイチェアによじ登ってそこから落ちたのだった。今までの様子を見ていると、ギズモは痛い目に合うと次は別の方法を考え学習している。だから過保護になることはなく、好きなことをやらせて失敗させよう、というのがうちの方針。

だが、この方針。かなり親の心臓に悪いかも。「心配だから」と転ぶ前の杖をやってしまう親の気持ちがちょっと分かる。

でも30年幼稚園教諭をしていた母が言うには「親が先に回ると、『誰かにやってもらえる』と考えるよりやってくれるのを待つ子になっちゃう」らしい。引き続き、基本やりたいことは怪我を怖がらずやらせるつもりだが(刃物と火は別として)親の方も多少心臓に悪いのは覚悟しとかないとな。

む。


ちなみに今日私は風邪で寝てたので、寝起きすっぴんメガネパジャマつっかけで小児科までオフィス街を走った。小児科から帰るときビルの窓に映った自分の姿を見て、清々しい程に「も、いーや」という気分になった。とにかく、歯が欠けたとかそういう事じゃなくて良かった。

動転して、本当に鍵と財布だけ持って出た。家に帰ってきて、鍋を火にかけっぱなしだったので、さすがに「それはいかがなものか」と思った。またこういう事故があるかもしれないし、とりあえず火災保険の見直しだけはしとこうと。いやそういうことじゃないかな。
14:29 | ギズモの記録。 | comments(4) | trackbacks(0)
ギズモの最近の芸。
「おいしおいし?」というと、手をほっぺたにやる、というのは前に書いたが、

「もしもし?」と言うと、手を耳にやる。似たような言葉と動きなので、聞き分けているのか良く分からん。

投げキッスを覚えさせたいというのも前に書いたが、投げキッスをしてみせると、両手で顔をかくして向こうを向いてしまった。おいおい。どこで覚えたんだそんなリアクション。

ブームなのが拍手。授乳中だろうがぼーっとしてようが、こちらが拍手をするとギズモも拍手をする。テレビから拍手が聞こえても拍手をする。米大統領戦の演説なんかつけてようもんなら、あの逐一の拍手にいちいち拍手をする。付き合いが良い。

これを書いている途中で、どうやらテレビのスイッチを覚えたらしい。点けたり消したり。プチンプチンプチンプチン。あーあ。
18:15 | ギズモの記録。 | comments(0) | trackbacks(0)

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--